知らなきゃ損する!ブログタイトルを決めるときに役立つキャッチコピーの常識 - アフィリエイトは儲からない!?失敗しないで確実に収入を増やす方法とは

アフィリエイトは儲からない!?失敗しないで確実に収入を増やす方法とは ホーム » スポンサー広告 » 未分類 » 知らなきゃ損する!ブログタイトルを決めるときに役立つキャッチコピーの常識

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ損する!ブログタイトルを決めるときに役立つキャッチコピーの常識

こんばんは、アフィリ暮らしです。


ブログのアクセスを増やすためには、ブログのタイトルや記事のタイトルをしっかりと決めなければいけません。



誰も読みたいと思わない、いい加減なタイトルをつけていたら、いつまでたってもアクセス増えていきません。


今回の記事ではブログタイトルを決めるときに役に立つ、キャッチコピーの常識を紹介します。


5831394265_a6b1c82666_b_convert_20140224213833.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加




アクセスを増やすために大切なことは、ブログや記事のタイトルです。タイトルを見て、面白そう、自分の悩みを解決してくれそうって思われなければ、ブログにアクセスして、記事を読んでくれることはありません。





記事のタイトルを決めたり、ブログのタイトルを決めるときには、GoogleやYahoo!の検索結果で上位表示されるために、キーワードを意識することと、情報を探している人や悩みをもつ人が読みたくなるようなタイトルにしなければいけません。





今回の記事では、読者が読みたくなるようなタイトルの付け方を紹介するので、検索上位になりたいキーワードと組み合わせて、タイトルを決めてみてください。







1、ブログのタイトルとはキャッチコピーである







電車の吊り広告や雑誌の広告などには、商品の良さを伝えるキャッチコピーが書かれています。商品を紹介するときには、その商品を購入すると、どんなメリットがあるのか想像できたほうが商品が欲しくなりますよね。





ブログのタイトルも同じです。ただ、「今日の夕食」なんてタイトルで記事を書いても、誰も読みたいなんて思いませんよね。もし今日の夕食を紹介するなら、誰かが読みたいって思うようなタイトルにしなければいけません。





人の興味を引いて、記事を読んでもらったり、ブログにアクセスしてもらうにはキャッチコピーについて、いくつかの知識をもっておく必要があります。





キャッチコピーの知識があれば、人の興味を引くような、気になる言葉やクリックしたくなる言葉を入れて、ブログのタイトルを決めることができます。





人の関心を引きやすいキャッチーコピーにはいくつかのパターンがあります。いくつかのパターンを覚えておくだけで、読者の関心が引けます。





読者の関心を引くには




・トレンドや新しい情報を伝える
・手軽さや簡単さを伝える
・ストーリー風にして読みやすく伝える
・なぜ?〜理由と書いて人気の理由を伝える
・役に立つ情報を伝える





などの方法があります。もっと詳しく知りたい人はことらの記事を読んでください。







2、誰の役に立つのかはっきりと書く





PAK73_MBAsawarukey20140312500-thumb-900x600-4542_convert_20140829165637.jpg




タイトルを決める時は、誰の役に立つのかしっかり書くと、読者の興味を引くことができます。「若返りたかったら辞めるべき7つの習慣」だけでも、良いキャッチコピーですが、この記事を誰に読んでもらいたいのか書けばもっと良いタイトルになります。





ほうれい線が気になりだした人必見!!など、どんな人に見て欲しいかをタイトルの最初の方に入れておくだけで、読者の興味を引くことができます。





タイトルを決めるときに1番やっちゃいけないことは、見て欲しい読者の人に、自分には関係ないって思われることです。タイトルの最初に誰に読んで欲しいのか書くことで、自分には関係ないって思われないようになります。






3、文字数は26文字以内にする







記事がGoogleの検索結果に乗ったときに、表示される文字数は26文字までです。26文字を超えてしまうとあとは「・・・」と省略されてしまいます。




せっかく良いタイトルを考えたのに、省略されてしまったらもったいないですよね。ただ、短すぎても読者には記事の良さは伝わりません。




Googleの検索結果を狙わないで、はてブやTwitterなどのソーシャルでバズる記事を書きたい場合は32文字ぐらいでタイトルを決めるのが良いと思います。









4、数字を入れて具体的なタイトルにする






7つの習慣、15の方法、3週間で1日3265PVに達成した方法など、数字を使ったタイトルはたくさんあります。具体的な数字を使ってタイトルを決めることで、信憑性上がって読者が読みたくなります。





「多くの消費者が満足した」って書くよりも、「95.6%の消費者が満足した」って書いた方が信憑性があって読みたくなりますよね。




ブログのタイトルや記事のタイトルを決める時は、数字を入れて具体的名タイトルにしましょう。ダイエットブログなら、今の体重をタイトルに入れたり、何キロ痩せたかをタイトルに入れるようにしましょう。







5、タイトルの前半と後半の使い方とは




そうだ。京都いこう。
そうだったのか!学べるニュース
ずぼらの人必見!10分整頓術


など、前半と後半で分けられるキャッチコピーがたくさんあります。前半と後半でキャッチコピーを分けることで、言葉を強くしたり、特定の人に向けて記事を書いていることを伝えることができます。




そうだ。そうだったのか!なるほど!や、簡単!手軽にできる!10分で解決などの言葉を、タイトルの前半に入れることで、後に続く言葉が強くなって、魅力的なタイトルになります。



ちょっとタイトルが弱いなって思う時は、タイトルの前半に言葉を付け足してみましょう。









記事のタイトルやブログのタイトルを決める時は、検索上位になりたいキーワードを意識したり、読者が読みたいって思うような言葉を意識しなければいけません。




最初は面倒くさくて大変かもしれませんが、タイトルが良ければ検索結果に載っている記事の中から、自分の書いた記事を選んでもらえるかもしれません。




多くの人に記事を読んでもらうためにも、しっかり考えてからタイトルを決めるようにしましょう。





役に立ったな、面白かったなって思ったら
応援クリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ






関連の記事

記事のタイトルがすぐに決まる!良いキャッチコピーが思い浮かぶ大事な習慣を紹介

これは面白いって思ったキャッチコピーを紹介。





最後まで記事を読んで頂いてありがとうございます。

コメントなども頂けたら嬉しいです。 このエントリーをはてなブックマークに追加
私が配信しているメルマガです。アフィリエイトでお金を稼ぎたい人は登録してください。         アフィリエイトでお金が稼ぎたかったらこの無料レポートをダウンロードした方が良いですよ。内容も濃いし普通に買ったら6000円するSEO対策済みのテンプレートが無料でもらえます。アフィリエイト無料レポート_convert_20140513151538
コメント
非公開コメント


トラックバック

http://affiligurasi.blog.fc2.com/tb.php/209-d7a4bb2b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。